ブラタモリと天橋立

 コロナ禍の中で、大学入学共通テストが、本日終わりましたが、受験された方はご苦労様でした。

 実は、昨日の共通テストの「地理B」で日本三景の一つにも数えられる絶景「天橋立」に関する問題が出題されていたのですが、「ブラタモリ」が的中と、ネットで話題になっておりました。

 ブラタモリは興味ある題材の時見るのですが、たまたま見ておりました。天橋立の景色のよく観光案内に載っている写真の絵は、交通のアクセスの良い、南側の展望台から撮ったもののようです。

f:id:kumacare:20210117185452j:plain

「南側から見た天橋立

 昔は、国分寺、舟屋が北側にあって賑わっていたようで、なぜ南に移ったのか、その秘密を探るのが番組の主旨でした。 

 南側の展望台には、「股のぞき台」というのが用意されていて、そこから天橋立を見ると、天空を舞う龍に見えるというものです。タモリも覗いておりましたがクラクラすると盛んに云っていました。

 共通テストの問題ですが、天橋立を4地点から撮影した写真のうち、北側から撮ったものを選ぶ問題が出たのです。

1週間前の放送に登場した「北側から見た天橋立」の景色の写真が、まさに的中する形となりました。北側と南側と見る景色はだいぶ違います。

f:id:kumacare:20210117185625j:plain

「北側から見た天橋立

 こんな問題出るのですね。これは、地元の受験生にとってはラッキーでしたが、他の人は迷いますね。ブラタモリは、受験生など若い人はあまり見ていないのではと思いますがどうでしょうか。

 また、雪舟が描いた「天橋立図」も紹介しておりましたが、砂州が現在より短いようです。

f:id:kumacare:20210117185725j:plain

国宝「天橋立図」 京都国立博物館所蔵

今でも砂の堆積や浸食が進んでおり天橋立砂州も変形しているようです。

 

 タモリさんは、案内者の質問にいつも的確に答えているのには感心させられます。特に、地形、地質に詳しく歴史にも詳しそうです。

それにしても問題の作成者は、先週のブラタモリを見ていたら、きっと驚いたのではないでしょうか。あまりにもタイミングが良すぎますから。

                           おわり

真冬の野鳥たち

 今年になってから、寒波がいくつも到来して厳寒の冬となりました。野鳥たちは、餌と水を求めて庭に多数やって来ております。

 最もよく庭に現れるのが「メジロ」と「シジュウカラ」です。でもこの種類は小さく、すばしこく、直ぐに気配を感じ逃げてしまい、なかなか写真を撮れません。

 しかし今冬は、あまりにも餌が無いのか、喉が渇いたのかしょっちゅう来て撮ることが出来ました。

まずメジロです。このトリはよく夫婦でやって来ます。

全体が黄緑で目の周りが白い、お馴染みの小さく可愛いトリです。

 メダカの水槽に水を飲みにやって来ました。

メジロの夫婦です。この日は寒さが厳しくメダカの水槽は凍っています。

f:id:kumacare:20210116072149j:plain

凍った水面にいるメジロと相方のメジロ

f:id:kumacare:20210116072225j:plain

あれ水、凍っているよ。水飲めないよ。

f:id:kumacare:20210116072316j:plain

本当だ。今朝は寒いからね。

てな、ことを云っているみたいです。

 

 そして、同じ位の大きさの素早いシジュウカラも頻繁にやってきます。このトリは夫婦だけでなく集団でやって来ることが多いのですが、直ぐ飛び去ります。

でも、これも上手く撮れました。

f:id:kumacare:20210116072452j:plain

白黒くっきりのシジュウカラ

f:id:kumacare:20210116072528j:plain

夫婦のシジュウカラ

f:id:kumacare:20210116072606j:plain

水を飲みにやって来るシジュウカラ

f:id:kumacare:20210116072738j:plain

水を飲む夫婦のシジュウカラ

 シジュウカラは、鳴き声で会話していることが知られています。

 また、来た時の滞在時間が、最も長いのが「キジバト」です。見ているのが分かっていると思うのですが、あまり逃げなく、マイペースです。

地上で何か食べ、長い時間水を飲みます。このトリも夫婦でやって来て仲が良さそうです。

f:id:kumacare:20210116072930j:plain

f:id:kumacare:20210116072948j:plain
f:id:kumacare:20210116073004j:plain
水甕に乗って水を飲みます。

f:id:kumacare:20210116073105j:plain

f:id:kumacare:20210116073125j:plain

夫婦で仲良く水を飲みます。

f:id:kumacare:20210116073222j:plain

f:id:kumacare:20210116073309j:plain

地上でも一緒に餌を捜します。

 冬鳥の「ジョウビタキ」もその後、相変わらず来ております。日本から離れるのは3月頃でしょうか。

庭に来るのはメスばかりでオスは見当たりません。

f:id:kumacare:20210116073458j:plain

水甕に止まる可愛いジョウビタキ

f:id:kumacare:20210116073539j:plain

水を飲みに水槽へ

f:id:kumacare:20210116073609j:plain

飛び去ったあと、水槽の縁に、種子を吐き出しフンを残しています。

 そして、珍しいトリですが、「ツグミ」が、やって来ました。シベリア方面から来る冬鳥ですが、メジロなどと比べて大きくヒヨドリと同じ位の大きさです。

冬になるとよく地上にいるのが見受けられますが、たまたま洗濯の物干しスタンドに留まっていました。

f:id:kumacare:20210116073723j:plain

スタンドに留まるツグミ カーテン越しで不明瞭ですが。

 

 コロナがますます勢いを増す中、この寒い冬も可愛らしく、一生懸命、逞しく生きている野鳥たちに癒されます。

                     おわり

牛 像

 昨日、緊急事態が宣言され、日本列島は、年初から多難な船出となりました。現在は関東地区ですが、関西、愛知と全国的に拡大傾向です。

東京は、感染者2千人越えという一気に驚くべき数字でした。この数字は、区内だけでなく都下の市町村に広がっていく傾向が、顕著であると感じられます。

 

 さて、今年は丑(牛)年ですが、神社、寺院などに牛像を見かけられます。

太宰府天満宮や京都の北野天満宮など全国に天満宮がありますが、牛は学業の神様の菅原道真公のお使いの動物として信仰されているようです。牛の像のことを「御神牛」(ごしんぎゅう)と呼んでいます。

f:id:kumacare:20210108072238j:plain

太宰府天満宮の御神牛

 また、天満宮には「撫牛の信仰」があるようです。撫牛とは、自分の身体の具合の悪い部分をなでて、その牛の同じ箇所をなでると、病気が治るという風習のようです。

f:id:kumacare:20210108072356j:plain

北野天満宮の牛像 菅原道真公にならって頭を撫でる人が多いようです。

 わたしの近くの神社の谷保神社、布田神社にも牛像があるようなので、まだ、今年は密を避け参拝していないので、機会を見て行こうと思っています。

 それでは寺院についてはどうでしょう。

京都の法輪寺に狛牛がおります。本尊の虚空蔵菩薩は知恵の仏様であるとともに、丑年と寅年の守護本尊で知られています。境内に牛の石像(狛牛)が安置されています。

阿吽(あうん)の狛犬の代わりに「狛虎」と「狛牛」です。ちなみに虎が阿、牛が吽の役割を担っています。

f:id:kumacare:20210108072807j:plain

狛牛

f:id:kumacare:20210108072839j:plain

ついでに狛虎も  丑年・寅年生まれの人の守り本尊でもあるようです。

 京都の東寺の立体曼荼羅の仏像で、5大明王が安置されており、その中の一員で、「大威徳(だいいとく)明王」がおります。牛に乗った六面六臂六脚の明王です。

f:id:kumacare:20210108073556j:plain

大威徳明王 密教の仏像で、牛は水牛です。


京都にある真言教の醍醐寺にも閻魔天騎牛像がおります。

f:id:kumacare:20210108073651j:plain

閻魔天騎牛像

いずれも仏さまに仕える身であり、一途なまでに厳しく耐える姿が健気です。何とも真面目に仕える、それが少しおかしくユーモラスでもあります。

この象徴的な牛像が、2,3年前、奈良国立博物館で特別展「いのりの世界のどうぶつえん」で見た牛像でした。この牛像はどこの寺院にあるとかの詳細は分かりません。

f:id:kumacare:20210108073914j:plain

牛像 

醍醐寺大威徳明王の、牛だけの姿をもう1度見てみます。耐える姿も真剣でどこかおかしく可愛いです。

f:id:kumacare:20210108074047j:plain
f:id:kumacare:20210108074102j:plain
醍醐寺の牛   大威徳明王の牛

 また昨年、新薬師寺に行きましたが、ここにも脇役の小さな牛像がおりました。本尊の薬師如来坐像十二神将の伐折羅(ざばら)大将の間にちょこなんと座っている本当に小さく目立たなく不思議な牛像でした。

f:id:kumacare:20210108074301j:plain

薬師寺の小さな牛像 陰に隠れている。

 神と云えば、やはりヒンズー教の神聖な牛です。ヒンズー社会において牛は崇拝の対象となっています。神話にもたびたび牛が登場し、たとえばシヴァ神の乗り物はナンディンという牡牛です。南インドのチェンナイの寺院にナンディンの牛像があります。

f:id:kumacare:20210108074455j:plain

ナンディンの牛像

同じヒンズー教徒の多いネパールには、所々に牛像らしきものがあります。また、街に野放しの神聖な野良牛があちことにたむろしております。

 

f:id:kumacare:20210108075155j:plain

ネパールのあちこちにある牛像

f:id:kumacare:20210108075243j:plain

神聖な野良牛 ネパール、カトマンズのダルバル広場

こう見ていくと、乳牛、肉牛と現在もお世話になっておりますが、人類と牛は古代から関わりが深いことがよく分かります。

                          おわり

令和3年のはじまり

 明けましておめでとうございます。

令和3年を迎えました。天候に恵まれ良い正月と云いたいところですが、新年は、コロナ禍で子供の家族も来宅せず、夫婦と柴犬1匹の静かな年始となりました。

年が代わっても、いつもの通り犬の散歩を済ませ、元旦の初日の出を見に行きました。

f:id:kumacare:20210101151701j:plain

稲城市の日の出時間は6時52分です。

お日様は、間違いなく時間も守り現れるのですね。

 柴犬チロリは、日の当たるところに移動してのんびりしています。今年12歳になりますが、いつまでも元気で過ごして欲しいものです。

f:id:kumacare:20210101151953j:plain

柴犬チロリ

 朝のテレビで、ダブルダイヤモンド富士の中継をやっておりました。

f:id:kumacare:20210101152053j:plain

テレビ画面のダブルダイヤモンド富士 しかも大吉を撮りました。何かいいことありそう。

 令和3年も、コロナの情報に一喜一憂、振り回されるような年になると思います。スペイン風邪は収束するまで3年近くかかっています。ワクチン次第ですが、今回はどうでしょうか。

 

 コロナに近寄らず、侮らず、油断せず、過ごすしかありませんが、今年もどうぞよろしくお願い致します。

                     おわり

令和2年の終わり

 いよいよ激動のコロナ令和2年も最後の日となりました。

思い返せば2月初め、T社時代の同期の懇親会は、まだコロナの話題も他人事のような感じでした。

今はどうでしょう、東京は感染者8百、9百人と大台寸前まで拡散、全国的にも医療崩壊と云われています。威力も増した変異したコロナも出現し、来年も大変な年となりそうです。

 しかし耐えて、耐えた1年、必ずや来年は人類の英知で、光明が見えると信じます。

 

 昨晩は、コールドムーンでした。12月の満月はコールドムーンと呼ばれています。

f:id:kumacare:20201231082146j:plain

令和2年のコールドムーン

 年末の寒波襲来で冬の冷たい空気の中で、まさにコールドムーンです。

因みに来年1月の満月の名称は、ウルフムーン、2月はスノームーンと云うらしいです。

 

 また1昨日の明るいニュースで、金閣寺の18年ぶり屋根ふき替え終了、という話題がありました。

ふき替えに合わせ、鳳凰などの金箔も約1万枚分を補修し、金色に輝く姿がよみがえったようです。文化財を維持、管理していくのも大変です。

f:id:kumacare:20201231082246j:plain

見事によみがえった金閣寺

 そして柴犬チロリは、コロナのことは我関せず、マイペースで今日もガスストーブの前で暖まります。

f:id:kumacare:20201231082319j:plain

柴犬チロリ11歳


 といったところで、令和2年も過ぎていきます。医療関係者その他の方々に感謝、感謝の1年でした。

来年といっても明日からですが、来年のことは誰も予想できませんが、きっと良い年となります。

それでは皆さん良いお年を!

                    1年のおわり

奈良大学博物館学芸員コース今年1年

 令和2年は残り僅か、この1年はコロナ禍で過ぎようとしております。

5,6月の頃は、コロナのため奈良大学に行くことなく講演のレポート、引率(無しの)見学レポート、自主見学レポートなどを提出してきました。

f:id:kumacare:20201227072812p:plain

奈良大学キャンパス

 そして、科目、実習に移りまして結果は以下です。

①博物館概論    レポート合格  科目試験未

②博物館資料論   レポート合格  科目試験合格

③博物館資料保存論 レポート合格  科目試験合格

生涯学習概論   レポート合格  科目試験未

⑤博物館経営論   レポート合格  科目試験未

⑥博物館実習(一)3回実施済  レポート合格   

 

 苦戦したのが①の博物館概論でした。3回目の提出でやっと合格でした。

その原因は、「特色ある学習支援プログラムの紹介とその効果」という設題です。先生の解答の意図は、「市民参加がよく分かる生き生きとした具体例を5グループ×2館あげよ。」ということだと思います。

しかし、それをテキストから拾おうとしても10館も記載していないのです。ネットから拾っても「テキストから」とコメントがつく始末。それには困惑して少し手をつけないで、博物館実習に臨みました。

概論の話題が出て、皆さんが再提出で苦労していることが分かったのです、苦戦しているのはわたしだけではないんだと。ネットで調べて合格という方もいましたので、テキストを何度読んでも10館も見当たらず、止む無くネットで調べて書きました。

最後に、「一部不備がありますが、合格です。今後も学習を重ねて下さい。」とのコメントがあり、お情けの合格でした。

先生は、お忙しいと思いますが、何度も再提出を裁定するその熱心さは有難いことです。

そして、最も心に残ったレポートの合格は、博物館経営論でした。

設問は、「公立博物館の入館者と外部資金の拡大策を述べよ。」というものです。

 評価項目全て「A」でコメントは、「○○さんのこれまでの知見、発想力が活かされた素敵なレポートでした。特に様々なレベル・方向性での連携の構築による相乗効果の創出など、興味深いアイデアが満載でした。

またJR等をモデルにした完全民営化は訊いたことのないスケールの大きいアイデアです。切り捨てられてしまう部分をどうケアするか、切り捨てられない形にどう盛り立てるかなど、考え併せながら真剣に向き合うアイデアだと思います。 

今後も引き続き学びを深め、そのご経験やご見識を地域のまちづくりなどに生かしてください。」と書かれており、最大限の評価に恐縮してしまいます。これは、これからのやる気の出るコメントで有難いと思います。

 参考までに、わたしのレポートの入館者と資金拡大策の中心は、

・現在のコロナ禍のような場合のための、ネットによる仮想博物館

・現代の勧進である、クラウドファンディングによる資金調達。

 リターンは年間入館券あるいはふるさと納税の仕組みを活用など。

指定管理者制度の限界を論じて、それから国鉄、郵政の手法による完全民営

 化へ。

ということでした。

 

 博物館実習(一)のレポートは、7つのレポートを作成しましたが、無事合格で安心しました。皆さん熱心でしたので、全員合格ではないでしょうか。

 

 コロナ禍で万全の準備で実施して戴いた事務局のスタッフの方たちに、感謝申し上げたいと思います。ありがとうございます。

奈良に3度行くことが出来、寺院巡りも出来、受講して良かった今年一番の収穫でした。

 科目試験合格は、博物館資料論、資料保存論の2科目なので当面は、概論、経営論、生涯学習概論の科目試験の受験準備です。1月末に受ける予定です。

概論、経営論を合格すれば、来年度の博物館実習(二)に進めるのですが、コロナ禍でどうなるか分かりません。あまり急がず、ゆっくり進もうと思います。

残りの科目の一つの「博物館展示論」は、博物館を色々廻って観察しないと書けないようなので、来年は、博物館巡りで過ごそうと思います。

しかし、コロナが変異ウィルスなど増々威力を増しそうな気配なので大変かと思います。特に東京は、一日千人の大台寸前です。来年はコロナも収まり良い年としたいと思うのが全ての人の願いです。

                           おわり

追記

 前回のブログで書きました、野鳥ジョウビタキのメスはその後もたびたびやって来ます。可愛らしくて癒されます。

f:id:kumacare:20201227073444j:plain

水ガメに止まるジョウビタキ
f:id:kumacare:20201227073505j:plain
f:id:kumacare:20201227073527j:plain

                          以上です。


寒波到来の冬の生きものたち

 東京のコロナ感染者が、千人の大台に近づく大変な局面を迎えた今、日本列島に寒波到来で一気に寒くなりました。

この寒さの中、庭の生きものたちはどうしているのでしょう。

 野鳥は、餌や水を求めて多くやって来ています。いつも頻繁にくるのがヒヨドリメジロシジュウカラなどですが、めったに見ないトリがやって来ました。

ジョウビタキです。

メジロシジュウカラ位の大きさですが、人懐っこい感じであまり逃げなく可愛らしいトリです。

オスとメスでは色が全く違い、わたしはメスのほうをよく見かけます。今回もメスで水を飲みにメダカの水槽に止まりました。

f:id:kumacare:20201220071231j:plain

f:id:kumacare:20201220071255j:plain

ジョウビタキのメス スズメよりやや小さい。

f:id:kumacare:20201220071332j:plain

千両の実を食べようとするジョウビタキ

f:id:kumacare:20201220071410j:plain

シャクナゲに止まるジョウビタキ あちこち動きます。

 ジョウビタキは、冬鳥で日本全国に渡来するようです。

メスは全体的に淡褐色で、翼は黒褐色です。中ほどに白くて細長い斑点が特長で、茶色の尾がやや長くよく上下に振っています。

オスは全体的に黒くメスとはかなり違います。

 そして、わたしは、初めて見たのですが、ジョウビタキと同じ位の大きさで、白、黒、茶の体の模様がハッキリとしたトリでした。図鑑で調べると留鳥ヤマガラという野鳥で、このトリも人懐っこい感じがしました。

f:id:kumacare:20201220071548j:plain

ヤマガラ ネットの写真

 メダカですが、日の当たらない水槽のメダカは半冬眠しているようです。陽当りの良い水槽にいるメダカは、暖かくなると元気に泳いでいます。冬眠しないようです。

f:id:kumacare:20201220071626j:plain

白メダカ

 そして、植物たちも頑張っています。今一番目にとまるのが、千両、万両の赤い実です。トリが狙って頻繁にやって来ます。カエデの紅葉もまだ保っています。

f:id:kumacare:20201220071731j:plain

千両

f:id:kumacare:20201220071816j:plain

万両

f:id:kumacare:20201220071851j:plain

カエデ

ミカンがトリに食べられています。多分ヒヨドリだと思いますが、皮ごと半分無いです。

f:id:kumacare:20201220071935j:plain

食べられているミカン

 カネノナルキが、白い花を咲かせています。寒くなると家の中に入れますが、めったに咲きません。

f:id:kumacare:20201220072145j:plain

カネノナルキ(金のなる木) 葉が硬貨に似ているのが名前の由来のようです。

鉢植えのシャコバサボテンは、毎年この時期に花を咲かせます。

f:id:kumacare:20201220072234j:plain

シャコバサボテン

 そして、柴犬チロリです。相変わらず元気で、朝早く暗いうちから散歩に行きます。

f:id:kumacare:20201220072324j:plain

よく外を見ているチロリ。

f:id:kumacare:20201220072408j:plain

寒がりで直ぐにガスストーブの前に陣取るチロリ。あまり近づくので柵を置いています。

f:id:kumacare:20201220072528j:plain

ストーブの前で眠るチロリ。

f:id:kumacare:20201220072633j:plain

暖かくなるとソファで舌を出して眠るチロリ。

 こうして、それぞれコロナにも寒さにも負けず懸命に頑張って生きております。

コロナは収束どころか感染者、死亡者数が増えていっておりますが、個人々が感染しないように気を付けるしかないですね。年の暮れ、新年はどうなっているでしょうか。

 

 これからどんどん寒くなりますが、本格的な冬を待つ生きものたちの様子でした。

                        おわり