歴史

廃仏毀釈と文化大革命

最近のデルタ型コロナの感染は、東京都の感染者数は極端ですが全国的に著しく拡大しています。政府ももう打つ手無しといった状態で、浮かれた五輪のつけが回ってきた感じです。 今後もこのような状態が続くと思われ、医療崩壊となり収拾がつかなくなると思い…

土方歳三の生き方

先日、東京都日野市の高幡不動尊金剛寺、石田寺と寺巡りをして来ましたが、何れも土方歳三に関係するお寺です。 土方歳三と云えば、幕末期に新選組副長として、局長近藤勇の右腕として組織を支え、戊辰戦争で各地を転戦し、最後の戦場になった箱館五稜郭にて…

古代日本の感染症

今やコロナ蔓延の全世界で、様々な活動が抑制され、何もかもが収縮していますが、それは現代に限ったことではありません。 古代から果てしなく戦ってきた人類と感染症との歴史があります。 少し思い返すだけで古代、中世の天然痘、黒死病、コレラ、スペイン…

紙の道

以前、アイアンロードについて記述しましたが、ペイパーロード「紙の道」はどうなっているのでしょうか。 紙は、古代中国で生まれ、世界中に広がっていたと漠然と思っていましたが、紙の道もまたシルクロードが深く関わっています。 紙が発明されたのは、『…

吉備真備(きびのまきび)の生涯

前々回に遣唐使・吉備真備が書いたと思われる中国の墓誌から、日本国の名称の変遷について書きましたが、吉備真備本人の数奇な生涯にふれてみようと思います。 吉備真備像(倉敷市真備支所) 岡山県倉敷市真備町出身 吉備真備は、20代前半に遣唐留学生となり…

歴史は変わる「富本銭(ふほんせん)」

日本の歴史が、教科書の記述が、少しずつ変わっています。新たな発見、分析の科学的進歩、あるいは学界や研究者の間の見解の収束などで、歴史が変わるのです。 鎌倉幕府の成立は、昔は、「いい国(1192)つくろう鎌倉幕府」と「1192年」と覚えていたはずです…